‐ 白 雪 姫 ‐


 第1章、白雪姫
1/6


 


鏡よ鏡

この世で一番美しいのは

だあれ?




それは

雪のように白く美しい

白雪姫です。




お妃様も美しいですが

白雪姫の方が

何倍も、何百倍も美しい





な、なんですって!?



白雪姫め、
このわたくしを差し置いて、

許さない!!


殺してやる!!!!


 

―――





わたしの名前は倉内ゆき。


今、クラスで
9月にある文化祭に向けての話し合い中!


とりあえず、私達のクラスは白雪姫の劇をすることに決まった。


今は白雪姫をあまり知らない男の子のために、議長の女の子がストーリーを説明してくれてる。


議長の迫力ある朗読に、みんな息を呑む。


この後キャストをみんなで推薦で決めることになってるけど、


白雪姫と王子様は
誰になるのかなー。



議長の朗読は続く。



「そして、白雪姫は目を覚ましました。



王子様の――キスで。」





議長が妙にためるから、
なんだかどきりとした。


 
- 1 -

back *# next

⇒しおり挿入
/299 n

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook