‐ 白 雪 姫 ‐


 第3章、
5/5


 



「うっそ〜!ゆきもついに色気づいたかああああ」


「ちょっと声でかいからっ!」

「ねぇさんはうれしいよ、うん!」


次の日の朝、
わたしは杏に朝岡くんへの気持ちを告白しました!!


そしたらこうだっ!
もう〜〜〜




「で!朝岡くんのどこに惚れたの?」


「…目」


「目?」


「そう、目。目が…優しかったから…」


「ふぅ〜ん」


めずらしく、杏はそれ以上何も言わなかった。


でもそのかわり―

 

「も〜なによっ!」

「ニヤニヤニヤニヤ」


授業中も休み時間もひたすらニヤけながら見つめてくるのでした……。



- 16 -

back *# next

⇒しおり挿入
/299 n

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook