‐ 白 雪 姫 ‐


 第7章、眠り姫
4/4


 



今度は寝過ぎてぼーっとする頭を抱えなから杏と教室に行くと、


「大丈夫?」


朝岡くん!!


「もう大丈夫!ありがとう」


「そっか、よかった。てか…朝のこと覚えてる?」


「…朝のこと…?」


杏も
なんか言ってたな…

わたし朝、倒れる前に何かしたの?



「覚えてない??」


「…うん」



「そっかー覚えてないんだ」


朝岡くんは、髪を触りながら俯く。


「うん…」


「ま、それはそれでいいかもね。また今度言うよ」


「え?何をー?」


「なんでもない。そろそろ練習しよっか」


「うん!」



- 35 -

back *# next

⇒しおり挿入
/299 n

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook