‐ 白 雪 姫 ‐


 第8章、キス
2/8





 
無理矢理わたしの口を閉じさせながら、杏は言った。

 
「キスシーンのことだけど、脚本のみんなで話し合ってたらさぁー、やっぱほんとにキスしちゃうのはまずいかなってなって…

だから顔近づけるだけのキスするふりになっちゃったんだよね―……」


 
「えっ?ほんと?」

「うん………」


 

 

なんか…ほっとした…

のと同時にちょっと残念だな…



ってわたし、何言ってんの!?

 

「あーあ……私的に二人には甘〜いキスをしてもらいたかったんだけどな〜」

と言って、杏はつまらなそうに頬杖をついた。

 
「あ、甘いキス…」

 


- 37 -

back *# next

⇒しおり挿入
/299 n

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook