‐ 白 雪 姫 ‐


 第5章、星空とココア
1/5


 



それから毎日演技の練習をした。

みんな日に日に上達している。

わたしは休み時間は杏の前で、家では家族に冷たい目で見られながらも必死で練習を続けた。

そのかいあってか、わたしもちょっとずつ演技がよくなってきている気がする。



あと、

朝岡くんとはね…



 
演出の子たち曰く、
この劇の前半で一番大切な場面は、王子と白雪姫が出会うところらしい。


「だから二人の時間が合うときは一緒に練習しててねー」

とのことだったので、


わたしと朝岡くんは時間が合えばずっと一緒に練習していた。

 
練習するときはいつも朝岡くんが、

「倉内さん、今いける?」

とわたしを誘ってくれた。(うれしすぎます)


杏はこのときのわたしの顔が、一日の中で一番幸せそうだと言っていつも笑った。




あと、岡田くんとも無駄に仲良くなった!!

岡田くんはりんご事件の後から、わたしに対して優勢になったつもりなのか(実際にゆきがあきらかに負けている)

やたらとわたしを上から目線でからかってくる…………


でも、岡田くんは演技上手だし、いつも人が見ていないところで努力していて、

本当にすごいと思う。


こんなこと本人の前では絶対に言わないけどね!



- 20 -

back *# next

⇒しおり挿入
/299 n

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook