‐ 白 雪 姫 ‐


 第4章、魔女
1/3


 



放課後



今日の練習は、継母が白雪姫を追い出すところまで。


王子の出番がないや…


朝岡くんは大道具を手伝ってるみたい。



残念だな…


でもそんなの関係ない!
頑張らなきゃ!!



_____




今日の練習場所の選択教室に行くと


誰かの声が聞こえ…る??




「このナイフで白雪姫を殺して心臓を持って帰りなさい!!」




えっ!?


 

中に入ると、


「な〜んだ、岡田くんか」



岡田くんが鏡を持ちながら振り返った。


「倉内じゃ〜んっておい!なんだとはなんだよ〜!」


「別に岡田くんにがっかりしたわけじゃないよー

てかさっきのセリフ恐すぎるよ……」


「あっ、あれね、あのセリフに一番力と感情込めて言ってやるよ〜」


「本気で恐いよ…」


「それはよかった。
てか、白雪姫!ちょーどよかった!手間がはぶける〜

これ食べてよ?」



と突然岡田くんが
わたしの目の前に出しのは



 
- 17 -

back *# next

⇒しおり挿入
/299 n

⇒作品艫激rュー
⇒モバスペ脾ook